今さら聞けない!トレンディ速報

芸能ニュースを中心に、
見逃したものや新しいものをピックアップしてまとめています。
日々変わる情報の中で見逃したものがないか、探してみて下さい。
面白そうだな、と思ったらフォローお願いします。m(__)m

アーティスト


美魔女(びまじょ)は、光文社『STORY/ST』による日本語造語。中年以上の一般女性が「魔法をかけているかの様に美しい」と例えたところからきた。『STORY』が月刊化され、のちに『ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられた。2010年(平成22年)光文社は「美魔女」を商標登録した。…
8キロバイト (1,045 語) - 2024年2月24日 (土) 16:23

(出典 up.gc-img.net)


60歳であんなに美しいなんて信じられない!彼女はまさに美魔女の代表ですね。将来の私もこんな風に輝いていたいです。

【【究極!】えっ?マジかよ…空前絶後!まさに美魔女!信じられない美しさ!】の続きを読む


香取 慎吾(かとり しんご、1977年〈昭和52年〉1月31日 - )は、日本の歌手・俳優・タレント。男性アイドルグループ・SMAPの元メンバー。愛称は慎吾ちゃん。CULEN所属。神奈川県横浜市出身。 1987年11月、ジャニーズ事務所に入所。SMAPの前身のジャニーズJr…
85キロバイト (10,960 語) - 2024年3月30日 (土) 00:54

(出典 gingerweb.jp)


まさか香取慎吾さんがこんなに才能を持っているとは驚きです!絵画の世界でも輝いているなんて素晴らしいですね。

1 風吹けば名無し :2022/11/03(木) 15:18:55.34 ID:R08qBxFOp.net
アーティストやね


(出典 i.imgur.com)

【【朗報!】香取慎吾個展『WHO AM I』累計来場者23万人突破に感謝!】の続きを読む


DREAMS COME TRUE (ドリカムからのリダイレクト)
ent、レコード会社はユニバーサルミュージック / DCT records。公式ファンクラブは「POWER PLANT」。一般的な略称はドリカム。さらに縮めてドリやDCTとも呼ばれる。 吉田 美和(よしだ みわ、1965年5月6日 - )(58歳) - ボーカル 中村 正人(なかむら まさと、1958年10月1日…
197キロバイト (13,125 語) - 2024年3月23日 (土) 05:10

(出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)


札幌在住の西川さん、お店をやっているので飲みに行くと会えます。指は太い方が好き、って言ってましたけどね…

1 湛然 ★ :2024/04/03(水) 07:43:04.94 ID:QbpqaZ049.net
20年前脱退の元ドリカム・西川隆宏、メンバーと久々再会で仲良し肩抱き姿「優しい対応で流石のマサさん」
4/2(火) 17:00 ねとらぼ
https://news.yahoo.co.jp/articles/80a05167a73e9ca1bf156f752d2d2280c9e74d11
マサさんとニーヒャ!(画像は「DREAMS COME TRUE」中村正人ブログから)

(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)

 音楽グループ「DREAMS COME TRUE」(以下、ドリカム)の中村正人さんが4月1日にブログを更新。約20年前に脱退したグループメンバー・西川隆宏さんと再会を果たしたことを報告しています。

■10年以上ドリカムに在籍していた

 西川さんは中村さんや吉田美和さんとドリカムを結成し、1989年にメジャーデビュー。キーボーディストとして活躍するかたわら、一部作曲にも携わっていましたが、2002年3月に脱退を発表。

 グループ卒業から現在までDJ活動を続ける他、自身が経営するバー「bar reboot SECOND STAGE」を2021年4月にオープンした際、中村さんからお祝いの花を贈ってもらうなど、古巣の仲間とも良好な関係を保ってきました。

■中村さん、再会に「嬉しくて嬉しくて嬉しくて」

 中村さんは2024年3月29日から31日にわたり、北海道・札幌で「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023」blu-rayや写真集のお手渡し会に出席。

 3日に及ぶイベント終了後の4月1日には、「日本の遠くから、北海道の遠くから、近くから、たっくさんのベイビーズが来てくれた」「まーちゃん、嬉しくて嬉しくて」と大変な感激ぶりを伝えながら、モスグリーンの上下やキャップで固めた西川さんとの肩抱きショットも。

 仲間との久々再会が相当うれしかったとみえ、カメラに向かっておそろいのポーズでキメた他、ドリカム第一形態のメンバー、西川くんも立ち寄ってくれた」「まーちゃん、嬉しくて嬉しくて嬉しくて」と、1つ分多めの“嬉しくて”をつづっていました。

■西川さん「優しい対応が流石のマサさんでした」

 西川さんも同日にSNSを更新。当時の再会ショットを掲載すると同時に、「ファンひとりひとりへの優しい対応が流石のマサさんでした」「お邪魔できて良かったです」とファン思いの中村さんをたたえていました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【感激~】元ドリカム・西川隆宏がメンバーとの再会を報告!】の続きを読む


高橋 陽一(たかはし よういち、1960年7月28日 - )は、日本の漫画家・経営者。男性。東京都葛飾区四つ木出身。東京都立南葛飾高等学校卒業。元妻は声優の日比野朱里(旧名:小粥よう子)。血液型はA型。 主にスポーツを題材とした作品を執筆している。代表作はサッカーを題材にした作品『キャプテン翼』。…
15キロバイト (1,816 語) - 2024年1月28日 (日) 07:15

(出典 ball-ha-tomodachi.com)


高橋先生、お疲れ様でした。心から感謝を申し上げます。長年のご活躍、本当にありがとうございました。

1 冬月記者 ★ :2024/04/03(水) 01:38:38.14 ID:QSHjC/Bp9
『キャプテン翼』作者・高橋陽一「漫画家は引退」 体力の衰え実感…あす漫画連載43年に幕でネーム連載へ

 サッカー漫画『キャプテン翼』(作者:高橋陽一 63歳)シリーズの漫画連載が、あす4月4日発売の『キャプテン翼マガジンvol.20』で終了し、1981年より続いたシリーズ連載が43年の歴史に幕を下ろす。

 漫画連載の終了理由は、作者・高橋氏の体力の衰えや執筆環境の変化により、漫画を描くことが困難になってきたことが理由で、高橋氏は「漫画家は引退しますが、絵を描くこと、ストーリーを考えることはまだ好きなことなので、それらはこれからも続けていくつもりです」とコメントを寄せた。

 漫画連載は終了するが、今後の物語について集英社は本日3日、今夏より掲載の場を新たに立ち上げたWEBサイト『キャプテン翼WORLD』に移して、鉛筆描きの「ネーム形式」で週刊連載していくと発表。

 これは、高橋氏曰く、まだ構想がある今後の物語をすべて漫画化すると40年以上かかることから、ペン入れなし、トーンも貼られていない状態のネームの形で制作を継続。この方法について「執筆ペースが速まり、みなさんにこの先の物語をお届けできるペースも速くなる予定です」と説明している。

 なお、1月に漫画連載を終了することを発表した際、高橋は「これまで、身体は大きな病気をすることもなく、現在も健康状態は維持できていると思います。ただ年齢も60を超え、「週刊少年ジャンプ」や「週刊ヤングジャンプ」で週刊連載をしていた頃と比べると、老眼やめまいなどに苛まれ、だいぶ身体にガタがきていることもたしかです」と告白。

 「ここ数年、この先の物語をいったいどこまで描けるのか、ずっと考えていました。そして今回、最後まで連載にこだわり体力の限界まで“漫画”を描き続けるよりも、連載をやめ『キャプテン翼』の最終回までの“物語”を残す決断をしました」と、今回のネーム形式での連載を決めたと説明していた。


 高橋氏の漫画家デビュー作品となる『キャプテン翼』は、サッカーの天才少年・大空翼を主人公に、翼やそのチームメイト、ライバルたちの成長を描いた物語。爽やかなストーリーと個性豊かなキャラクター、そして誰もが真似したくなる迫力のある技の数々で一躍大人気となり、国内外で多くのプロサッカー選手誕生のきっかけになるなど、現実世界に大きな影響を与えてきた。

 1980年4月に『週刊少年ジャンプ』にて読切作品として掲載、81年3月から同誌で連載をスタートさせ、翼の小学生~ジュニアユース時代を描いたのち、88年22号で連載が終了すると、翼の成長にあわせ物語の舞台を移し、これまで数々のシリーズを連載させてきた。

 『週刊少年ジャンプ』にて『キャプテン翼<ワールドユース編>』、『週刊ヤングジャンプ』にて『同 ROAD TO 2002』、『同GOLDEN-23』、『同 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ』、『同 海外激闘編 EN LA LIGA』を掲載。そして現在の最新シリーズ『同 ライジングサン』を『グランドジャンプ』で2013年末から2019年まで連載し、2020年からは発表の場を『キャプテン翼マガジン』に移し連載。コミックスの全世界シリーズ累計発行部数は9000万部以上で、テレビアニメ化、ゲーム化もされた。

 作者の高橋陽一氏は、1960年7月28日生まれ。東京都葛飾区出身。第10回月例フレッシュ☆ジャンプ賞入選作品として、「週刊少年ジャンプ」に読切『キャプテン翼』が掲載されデビュー。翌年連載を開始、サッカー漫画の金字塔と呼ばれる作品となった。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/f80506fbfcb006e39231291c6baa30d10e325bc9


(出典 www.tsubasa-dreamteam.com)



(出典 storage.googleapis.com)

【【激闘!】高橋陽一氏がついに引退!『キャプテン翼』の連載に幕!】の続きを読む


渡辺 佳恵(わたなべ よしえ、1969年1月19日 - 2024年3月12日)は日本のブランドプロデューサー、株式会社REBEAUTY代表。 東京都江東区生まれ。10歳の時に埼玉県志木市に移住。血液型はA型。既婚。1児の母。妹が1人いる。 1990年、跡見学園女子大学在学中から編集部に出入りして、…
8キロバイト (868 語) - 2024年3月14日 (木) 13:58

(出典 img.news.goo.ne.jp)


55歳という若さでのお亡くなりとのことで、本当に悲しいニュースです。膵がんと戦っていたことを知らなかったので、ますますショックを受けています。御冥福をお祈りいたします。

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/03/13(水) 18:17:36.21 ID:R+APn8ii9.net
2024-03-13 15:25ORICON NEWS

 女性ファッション誌『CanCam』の元編集者で、社会現象となった「めちゃモテブーム」を作った渡辺佳恵さんが12日、膵がんで亡くなった。55歳だった。 

 渡辺さんのインスタグラムでは「突然のご報告になりますが、渡辺佳恵は2024年3月12日、膵がんにより永眠いたしました」と伝えられた。
「皆様にがんを公表した後も治療にとりくみながら、最後まで熱く仕事にも向き合っておりましたし、大好きなご友人の皆様と実現したかったことも沢山ある中で大変残念でなりません」としながら、感謝の思いが記されていた。

 渡辺さんは、1969年生まれ。大学在学中から雑誌のライターとして活躍し、『CanCam』に14年在籍した。その仕事ぶりが評価され、フリーの編集者ながら同誌初のファッションディレクターに抜てきされた。
その後は、「一人でも多くの女性を自信のある輝く女性にしたい」をライフワークとしており、さまざまな活動を行っていた。



■報告全文
https://www.oricon.co.jp/news/2318271/full/


(出典 news.biglobe.ne.jp)



(出典 www.nnn.co.jp)

【【訃報】『CanCam』名編集者・渡辺佳恵さんが膵がんで急逝…55歳】の続きを読む

このページのトップヘ