今さら聞けない!トレンディ速報

芸能ニュースを中心に、
見逃したものや新しいものをピックアップしてまとめています。
日々変わる情報の中で見逃したものがないか、探してみて下さい。
面白そうだな、と思ったらフォローお願いします。m(__)m

スポーツ全般


渋野日向子のサムネイル
渋野 日向子(しぶの ひなこ、1998年〈平成10年〉11月15日 - )は、岡山県岡山市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属はサントリー。マネジメントはフォロースルー。 アマチュア時代の登録上の表記は澁野 日向子。2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人選手として樋口久子以来、42年ぶ…
40キロバイト (4,792 語) - 2024年6月6日 (木) 23:41

(出典 i.gimg.jp)


なんで笹生の優勝の特集じゃなくて、渋野の特集なんだろう…。やっぱり笹生よりも渋野の方が人気なのかな?

【【テレ朝】「モーニングショー」が放送した渋野日向子の特集に怒りの声!】の続きを読む


大谷翔平のサムネイル
大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
355キロバイト (49,876 語) - 2024年5月19日 (日) 18:10

(出典 img.news.goo.ne.jp)


同じくらいの身長だと、目の錯覚が起きるのですね。大谷が小さくさえ見える!

【【MLB】大谷翔平が小さく見える?目の錯覚か?驚きのツーショット公開!】の続きを読む


久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月19日 (金) 20:20

(出典 www.jiji.com)


久保建英がパリ五輪に招集される可能性が高まってきたようですね。彼の活躍を期待しています。

【【サッカー】久保建英 可能性高まる パリ五輪招集本格交渉へ !】の続きを読む


佐藤 寿人(さとう ひさと、1982年3月12日 - )は、埼玉県春日部市出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはフォワード。元日本代表。 佐藤勇人は二卵性双生児の実兄。森﨑和幸・森﨑浩司兄弟と共にJリーグ史上初の双子選手。2012年JリーグMVP、Jリーグ得点王を獲得。通算J1リーグ得点数…
50キロバイト (5,375 語) - 2024年1月23日 (火) 20:38

(出典 res.cloudinary.com)


年下セラピストとの路チューや手つなぎは、本当にあったのでしょうか。信じがたい話ですが、本当なら佐藤寿人も反省しなければいけません。

【【大胆!】サッカー元日本代表・佐藤寿人!”路チューのハットトリック”!!!】の続きを読む


本来の表記は「髙梨沙羅」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。 この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 髙梨 沙羅(たかなし さら、1996年10月8日…
78キロバイト (8,193 語) - 2024年2月11日 (日) 21:51

(出典 number.ismcdn.jp)


高梨沙羅選手の言葉から、本当に雪がなくなってしまう日が来るのではないかと心配になりますね。ニセコの未来を考えると、今後の対策が急務です。

1 少考さん ★ :2024/03/25(月) 22:27:11.43 ID:6bvXkLYn9.net
「雪がなくなる」高梨沙羅選手が抱いた焦り ニセコの未来どうなる<気候異変 第3部・北の大地 四季の姿は>①:北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/989321/

2024年3月25日 0:00(3月25日 18:01更新)

 真っ白な北海道の冬の景色は、国内外の観光客を魅了してきました。北海道特有の天候の変動に焦点を当てる連載の第3部では、雪の降り方と冬の暮らしの変化だけでなく、夏の猛暑と豪雨の将来像にも迫ります。

第3部「北の大地 四季の姿は」は5回連載です。初回は全ての方に全文公開しています。
②「ドカ雪」もっと極端になっていく
③厳冬の風物詩が危機に直面している
④増える豪雨、「札幌大洪水」に現実味
⑤北海道の人口減推計が変わるかも

 スキージャンプのトップアスリートとして世界で戦う高梨沙羅選手(27)は、焦りを感じていた。

 「ここ数年、雪が少なくて試合ができないことが多くなってきた」

 東欧スロベニアを拠点に、1シーズンでワールドカップ(W杯)など32試合、計10カ国を転戦する。試合会場はいずれも降雪地帯に位置しているが、少雪の影響で中止になる試合が出始めた。

JUMP for The Earth のブースに立つ高梨沙羅選手=2024年1月14日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(小松巧撮影)

 今年1月に山形市で予定されていたW杯女子蔵王大会の最終日も中止に。通常、ジャンプ台の助走路は乾いた雪でなめらかに整備するが、雨やみぞれが降って危険と判断された。
 人工雪でジャンプ台を整備する会場も増えたと感じている。天然雪に比べてクッション性に欠けるという人工雪は「どちらかというと氷に近く、着地の時の衝撃があるなって感じてしまう。転んだり、ダメージが蓄積されて疲労骨折してしまったりする選手もいる」
 世界を舞台に飛び続けてきたからこそ感じる変化。高梨選手はこんな懸念さえ口にした。「1年のうちに飛べる期間が短くなっている。いつかサマージャンプだけの競技になってしまうのではないか」

 積雪は世界全体で顕著に減っている。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、北半球の4月の積雪面積(2020年時点)は、1920年に比べて約1割減った。

 気象庁気象研究所(茨城県つくば市)の将来予測では、1980~2009年と比べて気温が約3.3度上昇した場合、気温が低い北極圏などを除き、北海道や欧州など北緯50度以南の多くの地域では今世紀末、3月に積雪がほぼなくなる。

 同研究所気候・環境研究部の保坂征宏第2研究室長(58)は「気温上昇に伴い積雪期間そのものが短くなる。春の訪れが顕著に早くなっていく」と予想する。

 上川管内上川町に生まれ、小学2年でスキージャンプを始めた高梨選手にとって「ジャンプ台にしっかり雪があって、冬になったら多すぎるくらいの雪で街じゅうが真っ白になるのは当たり前」だった。それが今、世界各地で年を追うごとに失われていく。

 雪山の自然環境を守るため、高梨選手は昨年5月、プロジェクト「JUMP for The Earth」を立ち上げた。雪の減少について自らの体験を語ったり、ごみ拾いイベントを開いたりして、自然の大切さを訴える。
 今年1月には、藤女子高(札幌市)の生徒とともに、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場の一角にマイボトルを持参した人への無料ドリンクバーを設けた。

 W杯の観戦者によるペットボトル使用を削減し、環境問題にも関心を持ってもらおうという高梨選手と高校生のアイデア。その意義を高梨選手はこう表現した。「小さな一歩を踏み出すことで、輪が広がっていくと思うので」

 高梨選手だけではない。スキー複合の渡部暁斗選手は2022年から広告契約を結ぶ企業を「エコパートナー」に位置づけ、広告料で二酸化炭素の排出削減運動を始めた。スキージャンプ北京五輪代表の中村直幹選手(札幌出身)も環境問題に取り組む会社を19年に設立するなど、特に冬季スポーツ界では気候変動への危機感が強い。

 世界全体で減りゆく雪。パウダースノーの聖地として知られる「ニセコ」の冬にも、明らかな異変が起き始めていた。

■パウダースノーの聖地ニセコに起きた異変

(略)

※全文はソースで。


(出典 img.ananweb.jp)



(出典 spaceshipearth.jp)

【【懸念!】高梨沙羅選手の焦り、ニセコの未来、北海道の未来予想図とは!】の続きを読む

このページのトップヘ