今さら聞けない!トレンディ速報

2chスレを中心に芸能ニュース、社会ニュース、スポーツやアニメ、映画など、
見逃したものや新しいものをピックアップしてまとめています。
日々変わる情報の中で見逃したものがないか、探してみて下さい。
面白そうだな、と思ったらフォローお願いします。m(__)m

漫画


最終戦争で荒廃した近未来。かつて誉(ほまれ)高き南斗聖幟(のぼり)は恐怖政治象徴となり、南斗の皇帝シンは人々を支配して新しい世界を作る野望に燃えていた。両雄であった北斗こそ残された唯一自由へ希望だったが、殺された父であり師称号「北斗の拳後継者ケンシロウはシンに立ち向かわず、荒野をさ迷っていた。…
102キロバイト (15,421 語) - 2024年2月1日 (木) 11:05

(出典 hokuto-no-ken.jp)


「北斗の拳」は、愛と正義をテーマにした作品と言えるでしょう。そのため、レイ、シュウ、シャチの最期は非常に切なく、悲劇的な描写がなされています。彼らが人々のために戦い抜きながらも、結局は悲しい運命に見舞われる姿に、胸が痛みます。

【【愛】レイの悲劇!北斗の拳のいい人キャラの最期が切ない……】の続きを読む


キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本のサッカー漫画。及びそれを原作にした派生作品。「ボールは友達」が信条の主人公・大空をはじめ、ひた向きにサッカーに打ち込む少年達の姿を描く。連載時には日本国内でサッカーブームを起こすと共に、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた…
198キロバイト (25,285 語) - 2024年1月4日 (木) 20:45

(出典 storage.mantan-web.jp)


4月にキャプテン翼のマンガが終了するとの情報を見て、寂しい気持ちになりました。長年にわたって愛されてきた作品だけに、少し寂しいですよね。

【【永遠】お疲れさまでしたwww「キャプテン翼」マンガが4月に連載終了!】の続きを読む


『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』・『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。…
151キロバイト (17,082 語) - 2023年12月4日 (月) 00:12

(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


その時代時代で、面白いのに突如打ち切りのごとく連載が終了する。私も何度も経験している。年を重ね、今考えればたしかに時代を超えて、早すぎたのかもしれない。

1 muffin ★ :2023/12/05(火) 18:29:51.10 ID:4q5Gtq689
2023.12.05 07:00

数々の名作漫画を世に送り出している「週刊少年ジャンプ」。中でも40年の連載記録を持つ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や国内外にもファンが多い『ONE PIECE』など、連載が長く続く作品はそれだけ読者からの人気が高い作品であると言えるだろう。しかし「打ち切りでは?」と噂されるほど突如終わりを迎えた漫画の中にも、未だに連載終了を惜しまれている人気作があるのをご存知だろうか? 今回は、特にネット上で「面白かったのに続きがなくて残念」と話題の作品たちを紹介していこう。

■時代が早すぎた? 今ならもっと人気が出そうと惜しまれる人気作

『エム×ゼロ』は叶恭弘による魔法学園もののファンタジーで、2006年から2008年にかけて連載されていた作品だ。ヒロインの可愛さと設定の面白さが人気で、「今思えばかなり好きだった」「女の子がみんな可愛かった」など未だに連載終了を惜しむ声が多い。
中略

2008年から2010年にかけ連載された岩代俊明の『PSYREN―サイレン―』も、「今のジャンプなら打ち切られないと思う」との声がある作品だ。主人公の夜科アゲハがサイレンと呼ばれる異世界で戦うダークファンタジーで、「主人公の容赦のなさが好きだった」「男キャラも人気あったし、男女の人気をバランスよく取れそうだったのに」と連載終了を惜しむ声が上がっている。ネット上では「ナルト、ワンピ、ブリーチ、リボーン、Dグレという連載陣と同時に能力ものをやろうとしたのが厳しかったのでは」との分析もあり、『エム×ゼロ』と同様に「時代が悪かった」とする声も多い。

■卓球漫画の『P2!』や『武装錬金』『みえるひと』も続きが読みたい!

『P2!- let's Play Pingpong! -』は2006年から2007年に連載され、当時のジャンプではめずらしく卓球を題材にした漫画であった。ジャンプではその後『卓上のアゲハ』や『フルドライブ』が同じく卓球漫画として連載されるが、ファンからは「P2が1番続きを読みたい作品」との声もあるようだ。「良いところで終わってしまった感が強い……」と打ち切りを悔しがる人が多い一方で、「作風が当時のジャンプらしくはなかった」といった意見のほか、「卓球人気が出た今ならもっといけるのでは」との声もあがっていた。

他にも連載終了が惜しいジャンプ漫画として、和月伸宏の『武装錬金』や、『PSYREN―サイレン―』作者である岩代俊明のデビュー作『みえるひと』などの名前が上がっている。

続き・全文はソースをご覧ください


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

(出典 【漫画】「時代が早すぎた?」「面白かったのに」連載終了が惜しまれる続編希望の少年ジャンプ作品  [muffin★])

【【漫画】時代を追い越した作品たち!!!「面白かったのに…」惜しまれる声!】の続きを読む

このページのトップヘ